大島紬

空港線沿いに「紬」と書かれたのぼりが立っていて、
前にそこを通った時、機織りをする音が聞こえていたんです。
小学生の頃、母が家で機織りをしていたのもあって、とても懐かしく
思っていました。今日、ちょっと勇気を出して、伺ってみました。
紬5

そこには、今年、90歳になるおばあちゃんがいました。
快く中に入れてくれて、コーヒーまで出してくれました福助
ここは、紬の反物はもちろんハギレも売っていて、商品を見ながら色々お話しました。
大島紬を織る人は島も少ないです。昔は工場(コウバ)と言って、機織り機がある場所にみんな集まって機織りをしていましたが、それもほとんど見なくなりました。
大島紬は、老若男女問わず、気軽に着れる着物です。私も母から織ってもらった紬があります。
紬2
が・・・
紬1
1ヶ月~2ヵ月かかるそうです。
でも、おばあちゃんは「今度はどんなの織ろうかキレイな色の糸で織ろうかそうしたら私の心もキレイになる」
と、歌いながら織るそうなんです笑顔
紬3
おばあちゃんは100歳になっても続けると言っていました。
「あと10年なんて早い」と。元気!元気!拍手 パチパチ
このシワ1つ1つにおばあちゃんの歴史が刻み込まれているんだろうなと、思いました。
ちなみに私が買ったハギレ
紬4
これで何作ろうか思案中です
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 離島情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。