慌ただしい・・・

昨日は「ケンミンSHOW」で喜界島でましたねぇ
クンマー・・・一気に全国にその名を広げたようです
クンマー(ヒザラガイ)がカブトガ二よりはるか昔から存在してたとは
知りませんでした…
生きた化石を食してたんですね。
正直私、クンマー苦手です
小さい頃から、母がよくクンマーを採りに行き
家で下処理をし、圧力鍋にかけていたんですが、
この匂いが・・・ダメでした
海のすぐ近くで産まれたのに磯の香りが苦手で
クンマーは採る時コツがいるそうで、上手にとらないと、
中の身がグチャグチャになってしまうそうで
(あの物体がグチャグチャってもっとグロぃかも・・・)
だから、母と採りに行く時は、させてもらえなかったなぁ
とここまでは、つい嬉しくて書いてしまいましたが・・

昨日はウヤンコー(高祖祭)があり、母の実家荒木に行きました。
荒木集落は朝早い。
母は前日「母ちゃん5時にはお墓行くよ」と・・・
「あんたは6時でもいいよ」と言われたので
お言葉に甘えさせていただきました

2011.11.3ウヤンコ―

まだ真っ暗な内から、朝早い集落へ向かう車も多く
お墓にはすでにたくさんの人達がご先祖さんに会いにきてました。
島はお墓を大事にする土地。
ずっと続いていくんでしょうね。

スポンサーサイト

コメント

南国育ち #IkOc8E7o

おはようございます。
クンマー、十兵衛さんは苦手なんですね(笑)
私、ナマコだけはどうしても食べれなかったけど、クンマーはどうだろう…。
未知の味、一度は食べてみたいです。
ウヤンコーっていうしきたりは、素晴らしいですね。
その日に合わせて帰って来られる方も多いって聞いて、名瀬の荒れた墓地を思い出しました。
ずっと墓参りする人がいないみたいで、市役所から連絡くださいって張り紙がされてました。
やっぱり自分のルーツは大事にしたいです。

2011年11月05日(土) 08時05分 | URL | 編集

十兵衛 #-

おはようございます

> 結構クンマー苦手な人多いですよ(>_<)
> 放映後、母は「テレビでは不味くても、おいしいって言わんといかんからねぇ」
> と、ゲストに同情してました。
> クンマー採る人間がそんな事言っちゃいかんだろう・・・(笑)
> ウヤンコーは、島の西側(花良治荒木周りの池治)半分の集落で
> 坂嶺から阿伝まではシバサシーといってお墓参りの時期も違い
> 朝早くする風習もなかったような・・・
> なぜ違うのか今度図書館で調べてみようと思います。

2011年11月05日(土) 10時06分 | URL | 編集

みー #-

あ、だから、所サンのダーツの旅でも、荒木のとこで写ってたんですね~。
そそそ、志戸桶ではウヤンコーって聞いたコトないです。
シバサシーの方です。
だから、よくネットで島人がウヤンコーっていうケド、なんのこと?ってずっと思ってました。

2011年11月05日(土) 14時36分 | URL | 編集

十兵衛 #-

そうなんですよ

どう違うのか分かんないですがね・・・
お墓参りは一緒ですね!
そういや、今日は中里「ソウメンガブー」です。
ソウメンを投げてそれを拾う争奪戦らしいです。
未だ行った事ないんですが、
小さい子を連れて行くと危ないと言われたもので・・・

2011年11月05日(土) 19時39分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。